バスフィッシング日記
 
 BLACK BASS  

 

プロローグ
 10数年前にちょこっとやり始めたバスフィッシング、でもその時は全く釣れなく止めてしまいました。
そして2004年、ひょんな事で復活!ベテランT先輩の指導のもと見事復活を果たしました!!
 

INDEX

2006年度

21-2005/09/11   
2005/09/02    
2005/07/11
2005/07/08
2005/07/05
2005/06/17
2005/06/13
2005/06/10
2005/04/27
2005/01/30
2004/12/21
2004/11/29
2004/11/1
★ニュータックル購入
2004/10/29
2004/10/19
2004/10/01
2004/09/24
2004/09/04
2004/09/04
2004/09/03
2004/08/27

 
2004/8/27
  記念すべき復活 第1回   近藤沼   晴れ   約34℃
ロッド、リールは、とりあえず10数年前に買った、ます釣り用を準備
近所の釣具屋でとりあえずそろえた、ハリ、オモリ、ワーム(とりあえず適当に買ってみんなのを見てからまねする作戦としました。ジグヘッドなるオモリとハリが一体化したすぐれものの存在には驚きました。ワームはどれを買っていいかサッパリわかりません)を持って近藤沼の中央沼南側に行きました。
9:00 職場の仲間、T先輩、W氏、K氏、O氏(見物)がすでにはじめていました。まだ釣れていないとの事。
 紹介 T先輩 プロ並の実力と経験の持ち主、あらゆる状況に対応した装備を武器に確実にヒットを狙うスーパーバイザー。
     W氏  最近はじめたばかり(私も釣ったことないので全くのビギナーです)です。T先輩にロッド、リールその他を選定してもらい今日2回目との事。私としてはあなどれない目下のライバル的人物。
KI氏  海釣りは経験豊富ですがバス釣りは、経験薄とのこと。
O氏  今回見学でしたが、私同様の10数年のブランク状態。のちに最大のライバルとなる人物。
とりあえず仕掛けを作製......んが、しかし、ワームをハリにつける方法が分からない!こうだっけな?それとも?それだけで四苦八苦してしまった。なんとか形にして、いざキャスト!!
んー、この感触久しぶり〜。でも何度キャストしても全く反応無し。今回は、みんなの様子見&10年のブランク取り戻し&キャスト練習って考えてひたすら投げました。
木が多く、ほかのメンバーの様子が全く見えない。どんな感じで釣ってるのかな〜。
T先輩に様子を聞く。「1回ばらしたよ」との事。さすがー。そして投げる様子を観察。んー、何と!ワームの引き方が私の考えていたものと全然違う!ます釣りのスプーンでは実績のある引き方とまるで違う。これがバス(ワーム)の引き方なんですねぇ。
そしてワームを見せてもらいました。これまたやはり釣れそうな感じのする、緑系、小テール付、ラメ付(後にゲーリーヤマモトのレッグワームと判明)を使っていました。
一個もらって、早速キャスト真似して試しました。しかしダメ。
この日は、3時間ほどやりましたが、結局、皆0匹でした。復活1回目は、こんなもんかという感じでした。
今回、ハリ、オモリ、そのたこんな感じというのが分かったので次回は、アイテムを準備して望みます。ワームは、緑系のビラビラ付って感じ。  

  2004/9/3
   第2回   せきばん   晴れ   約34℃
 今度は釣るぞー!と意気込んだ2回目、一応、ハリ、オモリ、ワームをみんなとおんなじようなものを揃えました。
今日のメンバー T先輩、W氏、KO氏(鯉、ふな釣りの経験豊富、バスは、経験薄?)
またもや遅れ気味で到着。
水が澄んでいて、水面近くにいるバスが見える好条件?
他メンバーの様子が良く見える。とてもいい場所です。
T先輩すでに数匹あげたとのこと。ほか0匹。とりあえず私も開始。
ワーム サタン (緑系のビラビラ付)
T先輩の引き方を観察しつつひた投げる。そして引く。
そして30分くらいした時、ぬっ、ぬっ、ぬあんと!
W氏 ヒットー!! アンビリバボー!! 25センチくらいのあの口のでかい、まぎれもなくバス!  
                  
はじめたばかり、たしか3回目のW氏が...私より先に釣るなんて!
そこは素直に「良かったねぇ」...「でも、いいなー」って感じ。
まっ、たまたま?で次は、オレが釣るぞ!
また少したって、「釣れた!」W氏。 「うっそー、マジっすかー」私。そしてかなりあせる私。そしてひた投げる私。
そして........なんか重いなぁ。...うわっ、釣れてたー。とその瞬間、逃げた!(いわゆるバラし)
そして..しばらくして..「釣れた!」W氏。 「うっそー、マジっすかー」私。そしてさらにあせる私。そしてひた投げる私。(4、5回くりかえす。)
T先輩、コンスタントに釣っている。狙いは、いつも はじはじ を狙っているようです。そして移動と何かを変えてを繰り返しているようです。
KO氏、私同様、苦戦中。0匹。蛍光色ワーム使用してるみたい。何回かばらしていたようです。
 
釣果  T先輩 :5以上?     W氏 :5?    KO氏 :0  私 :0   
今日、ばらし2回あったが、アタリに対してのあわせがいまいちの為、逃げられたと自己分析。次回は、アタリが来たらぐいっと引こうと思いました。
一応、食ったので選んだワームは、正解だったようです。でも皆のワームをよ〜く見て、聞いて詳しく観察しました。
ラインも、どうやら「フロロカーボン」がいいと聞きつけました。よーし、次回までに準備しよっと。

  2004/09/04
第3回   近藤沼   晴れ   約34℃
あいかわらず暑い日が続きます。夜勤明けでちょろっとやって行くか!の、のりで9:00から2時間ほどファイト。
今日のメンバー W氏、O氏(今回から参戦開始、ロッド、リールは、JSYで揃えたとのこと)
10年前に行っていた近藤沼の西沼で開始。10年前を懐かしむ暇も無くビギナートリオで釣り開始。
前回好調のW氏をはじめ、皆あたりなし。投げども投げども無反応。
今回は、新規ワームが準備できなかったので、あまり熱が入らない。
結局この日は、みな0でした。

2004/09/04
第4回   せきばん  晴れ   約33℃
今回は、ワーム(ゲーリヤマモトをはじめ、5種追加)、ハリ(#2をはじめ充実化)、ライン(フロロカーボン!)の準備で、約5000円投資。
今日のメンバー T先輩、W氏、O氏、KO氏、I氏(コストパフォーマンスを追求した釣りにこだわる、新メンバー)
今日こそは!っと意気込み200%で挑んだ第4回、釣りて〜!!
今日も水の透明度高く、流れ弱く、条件良いとのT先輩コメント
9:00過ぎ、遅れて到着。W氏、I氏は、まだ来ていない。T先輩1,2匹、O氏0匹、KO氏0匹
ワーム、ハリ、ライン、巻き方、合わせ方、場所、ほぼ全て条件を整え、いざキャスト!
・・2、30分後、・・
   来たーっ!! 逃げるな〜  釣れたーっ!
10年越しの記念すべき 1匹目が 4回目にして釣れました!20センチちょい。うれしー、ぐずっ(やや涙)
T先輩「おーっ、良かったジャン」
O氏「釣っちゃったん!」
KO氏「いいなー」
その後、O氏4、5回ばらしている(バーブレスハリの為?)
 W氏到着、「釣ったんですか。でも見てないんで。」お約束のコメント
よーしこの調子でいくぞー。ひたキャスト。
っとその時、I氏登場。とりあえず、のべ竿持ってきたのでコイでも釣ります。 で参加
えさとウキが無いとの事。
しばらくして、釣り開始。
私「えさどうした?」 I氏「ミミズ探してきた」    私「ウキどうした?」 I氏「木の枝見つけた」  木の枝のウキで釣っている光景は原始時代のようでした。  
恐るべしI氏! このあともコストパフォーマンスにこだわってバス釣りライバルに加わる事となります。
しかも、「釣れた。」を繰り返しこの日は、小魚を数匹釣って帰って行きました。んー、I氏、ある意味すごい。
話題持ってかれた様な気がしますがとりあえず今日の釣果(自分以外、はっきり覚えてない為概算)
私 2匹   T先輩 5匹?   KO氏 ばらしを繰り返してた。?匹   O氏 ばらしを繰り返していましたが、2、3匹?  W氏 2匹?
I氏 小魚 5匹?
んー、今日は満足。 専用ロッドとリール(タックル)が欲しいなぁ。

2004/09/24
第5回   せきばん  晴れ   約33℃
今回は、職場で話が盛り上がり、なんと10名の参加!
今日のメンバー T先輩、W氏、O氏、KO氏、KI氏、OG氏、Y氏、TA氏、I氏 私いれて10人!
そんなに広くない「せきばん」、どうなる事やらと思いましたが、いろいろ散って何とかいけました。
みんなそれぞれのスタイルで釣り開始。
私は、前回、初ヒットしましたが、それが「まぐれ」にならないかのプレッシャーを感じての開始となりました。
相変わらず、T先輩は、コンスタントに釣果上げています。O氏は相変わらずバラしを繰り返してます。(もったいない。でもすごい)
私含め、ほかメンバー、アタリがなかなか来ません。
1時間くらい経った頃、前、W氏が釣ってたちょっと離れた場所で、私にアタリがありました。ゲーリーヤマモト緑です。20センチちょいヒット。
正直ほっとしました。1匹釣って、せっかくなので、ここでワームを買い揃えたいろいろなものに変えてみました。
しばらくやりましたが、だめです。
そして、2匹目、やはりゲーリーヤマモト緑で来ました。皆さん釣れてない中、2匹目ヒット。恐縮です。
O氏、ばらし繰り返してますが、何匹か上げた様子。
W氏、こちらも何匹かあげた様子。
ゲーリーヤマモト緑が良く釣れる事が分かりましたが、どうしてもほかのワームでも釣ってみたくなりました。
で、いろいろやってみましたがダメでした。んー、これが今後の課題かな?
でも、もうちょっとゲーリーヤマモト緑で釣りごこちを満喫しようと思います。
今日の釣果  私 2匹  ほか詳細不明

2004/10/1
第6回 中野沼  晴れ  約30℃
せきばんが調子良く、またまた行きたかったのですが、毎年この時期は水門を開放するらしくいつものポイントは、水ががんがん流れて釣りになりません。このため、今回は、中野沼!
今日のメンバー W氏、O氏、KO氏、、TA氏、I 氏 私  T先輩欠席
先に着いたKO氏、1匹ヒットとの事。
それにしても、ここは狭い場所です。怪しい看板ありますが...
初めての場所ということで、まずはゲーリーヤマモト。
んー、全くアタリ無い。
向こう岸に何度も引っ掛けてしまい苦戦。
O氏、1匹ヒット。いーな。ワームは?なんと爬虫類系の小さいやつ。こんなん食うのかな。と思ってましたヤツ(失礼しました)でした。バスって何でもいけるんだとつくづく関心。でも、ゲーリー神話を信じてひたキャスト............ダメ。
ワーム変えてみる。テンプト、サタン、ビラビラおっきいの.....ダメ。
そのうち、KO氏「ピラニア釣れたー! これ、ブルーギル?」  見ると、30cmくらいのブルーギルでした。私「すげー、いいなー」
                    
ブルーギル見た事無かったけど、バスと全く違って口が小さく、青と言えば青のようなガラがあった為、勝手にブルーギルとしました。
I 氏どこからともなく歩いて登場。(さすが!) I 氏「道具買って来ましたよ。JSYで」
見ると、金、銀のメッキが目立つりっぱなタックルです。ワームは、100円ショップとの事。
とりあえず開始。初心者の私ですが、それなりにいろいろ指導したいとこでしたが、何せ自分が釣れてないので自分で精一杯!O氏が面倒見てくれました。
そして、W氏ヒット!浅瀬に見えた鼻先に投げたらしい。でもヒットは、ヒット。
私と、TA氏、依然 0匹   I 氏も 0
O氏から あの爬虫類系のワームをもらい、またひたキャスト。..........ダメ。
しばらく、あれやこれや変えてみましたが、ダメ。条件ほとんど同じはずなに。何かが違う。
ここで改めて、みんなの巻き方を観察...........早い!巻くのがはやーい。ここでは、早いほうがいいらしい。
早速あの爬虫類系で試す。「来たーっ、」 1匹ヒットー!
今日の釣果  私 1匹   O氏 1匹   W氏 1匹  KO氏4匹くらい   I 氏  0匹   TA氏  0匹
とりあえず1っぴき、フー。 

2004/10/19
第7回 多々良沼 雨  約18℃
今日は、夜勤明け、雨の多々良沼。バス釣りではちょっと有名?な多々良沼で挑戦 !
今日のメンバー T先輩、W氏、、O氏見学
夜勤明け、会社を出るとき雨がポツポツ。天気予報は、台風接近中との事。私はてっきり「今日は、中止」という展開を予想しました。
んがしかし、「とりあえず行って見よう。」のT先輩の一言で行く事に。途中コンビに寄り最終判断........T先輩「やってみる?」
私「まじっすか?」  W氏が私に「やりますよ!逃げ腰ですか?」  私「まっ、まじっすか〜? どうしよっかなぁ。」
T先輩 「台風が近づいてる時は、釣れるよ」   私「行きます!」
そして駐車場到着。 スーツがら、ジーパンに着替える。私「あっ、クツ忘れたー」 長靴が必携とされる多々良沼、やむおえず皮ぐつで行きます。
私の雨対策は、パーカーのフード。W氏も準備OK。雨対策は、頭にタオル。 
T先輩を見ると、なななんと、レインジャケット、ウェーダー!   完璧です!!   T先輩の車、何でも入ってます!
雨は、全く無関係なんですね。バスの世界は。
ぬかるみに、皮ぐつで苦戦してようやく釣り場に到着。(うっひゃー、皮ぐつ真っ黒!)
晴れてれば、最高のロケーションです。いかにも巨バスがいそうな雰囲気です。
ということで早速つり開始。
またまた、なんとW氏、T先輩、申し合わせたかのように、ベイトリールで、プラグを投げてます。W氏いつの間にー。
それにしても、プラグの投げ方は、また全然違いますね。巻くのがはやーい。  関心してるひまもなく私もいつものワームでキャスト。
ゲーリーから始まり、いろいろ替える........なかなかアタリなし。
O氏見学で登場。しばらく見学。「おっこちんなよ〜! カゼひくなよ〜! じゃ、がんばって!」で去って行きました。
T先輩の方からは、時折 バシャバシャ聞こえます。さすが〜。
W氏の方からは、無音。
雨は、強くなったり、弱くなったり。だんだん染みてきて冷たくなってきた。んーそろそろ限界か。
.....釣れました。テンプト、クリアブルーのワームで来ました。
その後、いろいろ変えてねばりましたが、結局 1匹。 「先あがります」で今日はおしまい。
今日は、雨に対する準備不足でした。(雨は中止と思ってた)今度は、長靴とレインジャケット買います。
今日の釣果  私 1匹   W氏 0匹  T先輩 5匹くらい

  2004/10/29
第8回 多々良沼 晴れ  約18℃
以前、T先輩が巨バスをあげた実績のある多々良沼に再度挑みます。天気は、晴れ!気分良く釣るぞー!でも最近、急に寒くなってきた。
今日のメンバー T先輩、KO氏、、O氏、I 氏
またまた、みんなより遅れて到着。T先輩、KO氏、O氏はじめてる。まだ皆0匹との事。I 氏はまだ来ていません。
       
KO氏、ベイトリールを投げている.....でも...ヒュイッ、ボチャッ!...ヒュイッ、ジャポッ!...ヒュイッ、ボチャッ!
だいぶ苦戦している。ベイトは、使ったことありませんが、見た感じとても難しそうです。プラグを投げるには必需との事ですが、
私には、まだまだ先のようです。T先輩もベイトでプラグのようです。O氏は、ワームのようです。
私もはじめます。    じゃっ、行ってみますか〜   いつもの、ゲーリー 緑でー、  最近余裕あり。   .......あれ〜〜..
           
今日は、全くアタリが来ません。おかしい。みんなにも来ていない様子。
そこへ、I 氏登場。
     
I 氏もワームで開始。
今日は、皆、全然ダメです。 I 氏も苦戦。
でも、I 氏、誰も投げない浅瀬で跳ねたので投げて、1回バラシました。すごい!
結局今日のアタリは、それだけでした。
KO氏、、O氏、I 氏で中野沼に移動。こちらも全然ダメです。んー、♪なんでだろ〜
T先輩いわく、「気温が急に下がった時は、食いが渋くなるよ。」だそうです。何事も経験ですね。寒さが落ち着くまでしばらく休みます。
今日の釣果  全員 0  I  氏1回バラシ

★ニュータックル購入
  今まで、トラウト用のタックルでしたが、
11月はじめ、いよいよロッド、リールの購入を決意しました。予算2万(各1万)
T先輩、W氏、O氏につきあってもらって、太田市 Ozzy’sに行きました。新品、中古のロッドがズラリとが並んでいます。
T先輩によると、はじめの1本目は、1ピース、汎用性のある長さ:6フィート、硬さ:ライト、アクション:ファースト がいいのでは。とのこと。
でも、新品で1万円で探すと、こんなにロッド並んでるのにメジャークラフトで1本あるのみ。ちなみにW氏所持品。迷いようが無い状態。
中古では、条件に合うものは、ありませんでした。   どうしようかな〜。
「この近くに、タックルベリーという中古専門店がある」とT先輩。でも中古じゃなーと思いつつ...ひとまずそちらに移動。
タックルベリー到着。
開店間もないとの事で、在庫数少なめの為、条件の合うものなさそう。やっぱだめかぁ。
「これ、いいんじゃない?」っとT先輩が見つけたのは、なんと
ダイコー、Scylas 602L 定価3万 売値1万3千円 !  ウォー!これいい! しかも、使用感全く無しのかなりの美品(新古品?)買いだー!
ん、待てよ..これ2ピースだ。  買うつもりだったのは1ピース   どうしようかな〜。
悩んだあげく買ってしまいました。でもかなり満足。
リール購入もいろいろドラマありましたが、購入記は割愛します。結局シマノのアルテグラを購入しました。

2004/11/11
第9回 近藤沼 曇り  約18℃
ニュータックルでの一回目! ぜひぜひ釣りたーい。
今日のメンバー T先輩、W氏、O氏、KO氏、、I 氏
第2回以来、近藤沼久しぶり。KO氏が1番先に来ていました。私は、I 氏と一緒くらいに到着。T先輩、O氏はまだ来ていません。
第1回で、T先輩がばらした沼南側で開始。
今日もやな予感。全く反応無し。
皆も同様。
O氏登場。O氏も私同様ニュータックルで参戦。期待が高まる所です。
沼北側に移動。そこは、へら師用の桟橋があり、雰囲気はすっごーく釣れそう!
さっそくキャスト、キャスト、.....キャスト.......反応無し。   ここもダメかー
すると、少し離れた所で釣っていたKO氏釣った様子。
私「でけー、」、近づくにつれ 「わー、すげーでけー!」  「でっけー!」
ななっ、なんと、40センチクラスのバスです。写真でしかみた事無い中巨バスです。「すっげー、いいなー!」「写真撮るぞー」
KO氏「オレ、魚持てねー」  私「うそだろ、オレ持ってやるから 」 でカシャ!
     
いっやー、しっかし、本物は迫力あります。ホントに。釣った本人並に興奮してしまった私でした。
KO氏すごい。いろいろ研究した結果だと思います。おめでとうございます。
みんな「どの辺に投げたん?」  KO氏「ここら辺 」  で、みんな一斉にそこへ投げ始めました。
でも2度と来ません。そんなに甘くないようです。
私と、I 氏は、みんなが散ってもしぶとくそこに投げました。でもだめでした。
T先輩、かなり遅れて登場。KO氏がT先輩に報告。
でも、KO氏が釣ったあと、誰にも釣れませんでした。
いやー、それにしても デカかった! くやしいけど なぜか満足した1日でした。
今日の釣果  KO氏 1匹 50cm?      ほか全員 0

2004/11/29
第10回 近藤沼 晴れ  
前回からしばらく空いてしまいました。11/19に行く予定立てましたが、あいにく大雨でさすがに中止。寒さが落ち着くまで釣れないという情報もあり、ま今回ちょうどいい時期かも。ニュータックルでの2回目! 今度こそぜひぜひ釣りたーい!
・・と、その前に。10日ほど前に、寝ちがえて首を痛めてしまいました。最初は微痛でしたが、放っておいたらかなり痛んで首が回らなくなってしまいました。一度医者に行きましたが今日も釣り早目に終わって医者に行く予定。そんな事で今回は、コンディションいまいち。
あと、もうひとつ..。先日、技瓩近藤沼 東沼が釣れてる  という情報を入手。BASSがえさを追う魚影まで見えるとの事。というわけで、今回は近藤沼 東沼に挑戦。
今日のメンバー W氏、O氏、I 氏
詳細なポイント情報を知る 肝心なI 氏は歯医者に行ってから来るとの事まだでいません。
とりあえず沼を見渡します。東沼、初めて来ましたがいい感じです。草の感じ、水の色、地形、へら台、へら台の残骸があり、ロケは抜群です。
       
準備のできたO氏から それらしい場所で開始、続いて私、そしてW氏(ワーム、プラグ用の2本ロッドで、ベテランのスタイル)。
ワームは、テンプト 薄茶   数回キャスト.........アタリありません。
いかにもいそうな草や、木くいのきわに投げたいのですが、風の影響と、引っかかりを気にしてなかなかいい場所に投げられません。
約20m離れてO氏見えますが、釣れてない様子。W氏は見えません。
ここで、頼みのつな、ゲーリー登場。
そして第一投...さっきから投げたかった草のわきにうまく落ちました。そして引く........引く..........来たー!!
バシャバシャッ、..必死で巻く。重いー、ひょっとしてデカい!?  いつもの調子で吊り上げようとしましたが、ロッドがしなるしなる! 上げられません。  
なんとか引きずり上げました。
O氏、「おーっ、釣れたん?」
ううぉー、デカイ。釣れたーっ!  近くにだれもいませんが一人で興奮。  どーすりゃいいんだ。  写真だ、写真、 携帯で自分で撮るしかない。
前回同様、口がデカく、指食われそう。  携帯操作、ハリはずし、を行って何とか撮影。久しぶりに携帯の背面液晶を使って自己撮影。

                 

35cm位!?  30cm どうでしょう?
んーん、満足  (^O^)    I 氏情報に感謝 m(__)m   やはり 1投目は、大事ですね。  それとキャストのコントロール。
しばらく余韻にひたって、リリース。首の痛みわすれたひと時でした。
手尺でも長さちゃんと測っとけば良かったと思いました。
一息ついて再開。  しばらくやりましたがもうだめです。
W氏が、話を聞きつけてやってきました。でも信じられないとの事。W氏「えー、まじっすか?」そこで写真登場!ムフフフ。
でも、釣れないので移動。O氏も移動したようです。
O氏のあとを追う形で移動しましたが、ダメでした。
医者に行く時間になり先に帰ろうとした時、 技疆仂譟「釣れた?」    私「釣れましたー」 写真見せる。  技瓠屬垢瓦い辰垢諭
技瓩ラインの先には、薄オレンジのミノーが付いていました。今日試すとの事。(安価で仕入れ?) 
 
という事で、ほかの皆さんの今日の釣果は不明です。後で聞いて載せます。 技瓩侶覯未気になります。
→後日。ほかの皆さん 0 匹 だったと聞きました。  もう、寒くてだめなんですかねぇ。

  2004/12/21
第11回 初遠征!(茨城 大善池 と 北浦) 晴れ 強風
  11月のとある日、W 氏から、「12/21日に遠征の話があるんですけど、行きますか?」とのお誘いがありました。
聞けば、職場にもう一人バス釣りしている新メンバーN氏が良く行く茨城「新利根」という場所に、N氏、T先輩、W氏で行く話が盛り上り、
いつものメンバーにお誘いを掛けているそうです。ボート2隻借りてやるそうです。
んー、遠征かー。12/21かー。かなりの寒さが予想されます。そして寒さによる最近の低迷続き。KO氏、O氏は、やめとくそうです。
どっしよっかなぁ.....。「とりあえず行きます。」
そして前日、天気予報は、晴れ、しかし西高東低の気圧配置いわゆる冬型。つまり北西の強風が予想されます。強風は釣りに大敵との事で
T先輩から「中止」の指示が出る予想でした。
      
っんがしかし!(最近多いこの表現、これが出た時とんでもない事が起きます)W氏から唐突に「1時に家出れます?」 私「え?何?」
T先輩に詳しく聞けば、山あいで風の影響の少ない千葉の亀山湖に変更し、遠地の為早く出るとの事。
私「え〜、1時っすか?どっしよっかなぁ.....。」 W氏「ビビッてんすか?」 私「え、まじっすか〜?」(寝ずは身体に・・)
T先輩「亀山は、バス釣りの聖地だよ」  私「ぜひ行きます!!」
そして当日(というか前日の続きというか..。)
1時間仮眠しT先輩宅で合流。T先輩の車に乗り換え。既に5、6本のロッドが天井に有り、私の1本を加えて出発。
W氏合流。N氏合流。N氏宅で何やら大掛かりな荷物を積みました。エレキ(電動船外機?)とバッテリーです。
T先輩のと合わせて2セット。N氏も本格派ですね。
ルーフラック大活躍といったところ。それにしても予想はしていましたが、外はとっても寒〜〜い! ぶるっ。
氏宅でしばらく休憩(T先輩仮眠)して越谷市5時半しゅっぱーつ
道は既に混雑気味。京葉道路、原木インターから高速・・・・・・・・・・・不覚にも、寝てしまいました。
気づくと、成田インター。T先輩「予定変更したよ。亀山は道が混んでるので10時着、新利根に電話したら風無いのでそこに行くよ」
そして着きました。新利根。.....突風です。10m/s以上ある風です。ビュービュー吹いてます。
管理人「さっきまで風無かったんだけどねー」  私達「・・・・・・」
           
N氏とT先輩でミーティング。ほかを検討。かなり厳しい状況との様子。
10キロ程離れた山あいの「大善池」に決定し、移動
9:00到着。釣り人はいません。雰囲気は、抜群!風はやや強い程度。何とかやれそうです。でもさむーい!
         
ようやく、第1投。.....第2投.....第3投.....第4投....んー来ません。でも雰囲気釣れそうなんですけどねぇ。
私は、相変わらずワーム オンリー、ゲーリーYなど新種各種、W氏スピナーベイト、ワームいろいろやってます。新メンバーN氏、同じくスピナー、ワームやってます。かなりのベテランで岸際に難なくスピナーを落としていきます。
T先輩は、やはり、スピナーベイト、ワーム(テキサス、ダウンショット..など)、プラグ?とにかくいろいろやってます。
でも誰も釣れません。ひたキャストを繰り返します。場所を替え、品を替え。   ダメです。
昼食でしばし休憩。N氏と会話。私「投げるの上手いねぇ」N氏「そんな事ないですよ。」(たまに岸の草にやっちゃってました。でも上手い)
プレミア付きのプラグをいくつか見せてもらったり、投げ方、引き方、根がかりの外し方 などいろいろ教わりました。
その後も、全然ダメでした。風も止んできて雰囲は気釣れそうなんですけどねぇ。
1:00 移動。更に10キロ程度離れたあの、あの噂の北浦マリーナに到着(途中また寝てしまいました。すいません m(__)m 
       
予想を反し、強風です。6m/s位でしょうか。かなり波荒くなってます。あの噂の北浦ですが釣り人いません。どういうこと?
何とか開始。波が荒くルアーがどこに落ちたか分かりません。とにかく投げ続けます。場所を替え、品を替え。   ダメです。
すぐに「移動」の一声が掛かりました。次は何処?もうT先輩におまかせです。蔵川ワンドを目指します。
行く途中、蔵川で途中下車し、ちょっとやってみます。
    
水の色などここも雰囲はすっごく釣れそうです。早速やってみます。.....みんな来ません。
あー、夏だったらなぁ。いんだろなぁ などと思いながらキャスト。早目に移動。(T先輩、1回バスらしきアタリあったそうです)
蔵川ワンド到着。んー、ここも相変わらず雰囲気バッチリ!さすが本場!今度こそ釣るぞー!風も微風。でも誰もいません。
       
しかしダメでした。ここでも色々やってみました。ゲーリーのホワイト、メガバスの高価ワームでロングテールのかなり動きのいいやつ、
夕刻になり、遠くで大きいやつがライズしています。でもそこに投げても来ません。日没近し。
クイやヨシのわきなんか最高にいそうですがダメです。
今日のメンバー T先輩  W氏  N氏
そして日没。 ♪ほ〜た〜るの〜 終了です。     全員 0 ゼロ、ぜろです。零ともいう。
 
まっ、いい経験でした。とりあえずバス釣りメッカの北浦に来れて良かったです。
T先輩「次は、桜の咲く頃かな 」 との事です。 

最後に。 カーナビって本当にすごいですね。 私も早期に買いたいです。


2005/01/30
第12回 近藤沼 西沼 晴れ 強風  6℃くらい
たまには軽く行ってみます?のW氏のお誘いで、夜勤明け、行ってみました。(釣れるかどうか分からないけど、まぁ、ちょっと投げてくるかー、ってな感じ)
今日のメンバー  W氏
朝、会社。ガンガン吹いてます。   W氏「どうします?」 私「風じゃねぇ、だめかな」 
W氏「で、どうします?」 私「風じゃダメでしょう」
W氏「で、どうします?」 私「寒いしねぇ」
 W氏「で、どうします?」 私「とりあえず行ってみますかー、」 (W氏、このセリフを待っていた?)
W氏「そうしましょう」
そして現地。風の状況変わりなし。車は多いです。多くはへら師の方のようです。
    
風に苦労して準備。それにしても、さっみ〜。
W氏、ベイトリールで、スピナーベイト投げてます。重いから割と平気?
私、ワームです。MegaBassのロングテールボッチ付き。前回の遠征で、理想のアクションを確認した実績ないがお気に入りのワーム。
投げてみます。・・・・ダメです。  風下にしか投げられません。  オモリを替えればいいんですけど、何せ寒くて面倒。
もしや。。と期待して、一応まじめにやってみましたがやっぱ釣れませんでした。MegaBassのワーム本当にいい動きします。絶対釣れそう。春が待ち遠しいです。
 
予定通り、約1時間弱できりあげました。
 

 
2005/04/27
 第13回 2005年 シーズン開始! そしてその1回目、茨城県「新利根」   天候 晴れ
メンバー  T先輩  W氏  N氏(新利根経験2,30回ベテラン) 
昨年、12月21日に新利根に遠征しましたが、強風の為場所変更し、結局北浦でも0匹であった苦い経験がありました。
 そして今回、再挑戦です。
 4月はじめ。れいによってW氏からお誘いがありました。N氏の発起により、T先輩、N氏、W氏で調整中との事。そして私が選ばれた?
 W氏「Uさんどうですか? ボート2隻で4人です。まっ、無理にとは言いませんが。」  私「おー、いよいよそんな季節ですかー。いい話ですねぇ」と言いつつ(遠征かぁ。すっげー遠いんだよなぁ。また寝ずかなぁ。でも本場茨城でガッツンガッツン釣ってみたいなー・・)
私「とりあえずちょっと考えます」  
数日後、W氏「どうでしょう?」 私「OKです。」
新利根はN氏のレギュラーフィールドで、結構いけるそうです。ちなみにT先輩は未経験地だそうです。
そこで、N氏と話してみると、N氏「ゴールデンウィーク頃は、産卵期の為、結構釣れますよ! 産卵や卵を守る為に威嚇で食って来ます。」
私「そうなんですかぁ。じゃーかなり期待できますね。」  N氏「かなり来ますよ、ワーム落ちた瞬間に来ますよ」
私「じゃ、ポチャ、パク!ですね」 N氏「そうですね!」  私(ウォー、こりゃすごい、行けるぞー、期待大大)
そして前日、W氏「天気大丈夫ですね。じゃT先輩宅に1時で。」  私「了解!!(1時の覚悟は出来てました)」
 
そして、午前5時半、着きました!(うちから約5時間、やっぱ遠いな〜)
       
               新利根 松屋ボート屋前
朝もやで無風。前日の雨でやや冷え込み状態。平日で人も数組。早速準備開始。ボートに荷物を積み込みます。T先輩と、N氏はエレキとやらをボートにセットしています。私とW氏は勝手が分からずただ見てるだけ。N氏仕様はエレキのみ。
T先輩仕様はエレキ+魚探+クーラーボックス。 T先輩ちょー本格的。早くもセミプロの風格を見せ付けられました。
ボートメンバーの組み合わせは、N氏と私。T先輩とW氏。
いざスタート! ロケーションは川ですが、川岸に葦が多数あり、地形の変化も豊富にありそう。N氏の話通りいけそうです。 参考HP
エレキボート釣りは、そのエレキを運転しつつ、常に移動しながら釣るんですね。
N氏は、ここでの実績No.1のワーム(仕様は秘密)で。 私は私の実績NO.1 ゲーリーのレッグ緑で開始。
南岸を水門に向かって進みます。T先輩艇は逆方面に行ってます。出発して約5分。橋の下でN氏に早速来ました。30センチちょいのが来ました。
んー、開始5分で来たかー。このペースで行ったら....今日は爆釣!
よーし、オレも釣るぞー!.........アレ、........アレ.....来ません。
N氏にも来ません。ロケーション抜群なんですけど。T先輩艇は見えません。気になります。
しばらく反応なし.....
水門通過。ここからかなり広いロケです。とりあえずまた水門くぐって戻り。
地形変化の多い北岸に移り戻ります。ここまで私はアタリすらありません。北岸は変化が多くいける予感。「ここでは結構上げてますよ」とN氏がいう場所に近づきました。頼む〜、来てくれ〜
「来たー!」と言ったのは..N氏。
かなりデカそう。慣れているN氏もやや興奮気味。約5分のファイト。 やっとのことでキャッチ。 メジャーで計って見ると43センチ!
興奮おさまらぬN氏「ここではオレの最高かも。もしかしてちゃんと計ると45いってるかも。ボート屋のおじさんに電話します!」
どうやら、45センチ以上はおじさんが写真撮ってくれて、事務所に貼ってくれるそうです。そして今日の1番なら日刊スポーツの
釣果蘭に載るとの事。興奮するはずですね。そしておじさんが来て一緒に事務所に行っ計って来ました。
結果は、42.3センチとの事(オシイ!)。でもいまの所トップとの事。N氏「んー、今日はもう満足。 いい日だぁー」  私「いいなぁ」
     
             満足そうなN氏 
となりますと...私「Nさーん、そのワーム1個ちょーだい?」 で、N氏推薦ワームに切り替えました。
その後またしばらく来ません。私はまたゲーリーのレッグ緑に戻しました。最初にN氏が釣った橋の下に来ました。
「来たーー!!」私にも来ました!やっと1匹!....バッシャン、アレ!逃げた!大きく跳ねた瞬間バレタ。  チキショー!!
ラインを見ると切られてる。ムムっ!違う、ほどけてるぅ。何と、ほどけて逃げられてしまいました。チョー悔しい。あーくやしー。メッチャくやしー。
その後、二人ともしばらく来ません。T先輩艇に電話してみる。T先輩、W氏釣れてなさそうです。
またひたすら投げ続けます。N氏、スピナーベイトに切り替えました。私もワームをいくつか試します。
...やがてN氏、ヒット!N氏仕様ワームで40センチ前後を上げました。45はありません。でもいいなぁー。
      
やっぱ、N氏推薦ワームかー。チェーンジ!
そして、またまた先ほど42.3が釣れた北岸のゴールデンポイントに来ました。
今度こそさぁ来い!..........アレ根がかり?「来たー!来・ま・し・たーーーッ!」←私
慎重に、慎重に...ヤッター、やりました。チョーうれしい。あーうれしいー。メッチャうれしー!!
早速計測。...35センチ釣りました!...んー、今日はもうこれで満足。フー。Nさまのお勧めワームです!
     
               満面の笑みの私
なんだかんだで、それからN氏、3、4匹上げました。40センチ前後です。
またT先輩艇に電話。T先輩釣れはじめて何匹か上げてるとの事。W氏まだ来てないとの事。
そのうち、T先輩艇に遭遇し、しばし情報交換。T先輩も40くらいのを上げているとの事。クーラーボックス内を除くと3、4匹いる。
小さいのはリリースしたとの事。N氏「うちら負けてます。がんばりましょう」 私「よッシャー」
                
その後、私も更に1匹上げました。(N氏仕様ワ−ムで)33センチ。もう余裕です。騒ぎません(ウソ、相変わらず釣れた釣れたの大騒ぎ!)
N氏にもボチボチ来てます。
     
風が強くなってきました。..とその時、N氏「あっヤバ、バッテリーが終わりそうです。」  私「マジすか」 現在時刻おおよそ2時。ちょっと早いんじゃない?どうやら2個目のバッテリーが予定外に早く終わりそうとの事。午後の強い向かい風運転が多かったから?満充電でなかった?
T先輩艇に連絡し、とりあえずボート屋に向かう事と、あまり遠くへ行かないほうが良いと伝えました。(T先輩艇はバッテリー余裕であった)
電力温存の為、パドル併用運転でボート屋を目指しました。ボート屋に着いてしばし休憩。休憩所にありました!45センチ以上の写真。
釣れてる大物ポイントは、エンジンボートじゃないと行けなそうです。 
私「Nさん、もうちょっとでしたね。」  N氏「ここに写真貼られれば、友達やアニキに見せられて良かったんですけどね」 
ホワイトボードには「今日のトップ42.3センチ」とあります。N氏「夕方みんなが帰ってきたら抜かされるかも」
一応再度ボートへ。なんとバッテリーの残量表示が復活しています。ラッキー!再度挑戦開始。
....再度T先輩艇に遭遇。T先輩「バッテリー大丈夫、借りたん?」 N氏「何とか大丈夫っす」
           
T先輩10匹くらい上げたとの事。W氏はどうやら体調が思わしくないとの事です。その為のせいでしょうか0です。残念です。
その後は私も釣れませんでした。N氏1匹くらい釣ったかな。
そして5時。終了。疲れました。でも満足。  上陸しても体が揺れてます。  W氏ちょっと残念でした。
注目のT先輩の最大釣果測定→41センチくらいだったと思います。
      
              T先輩、すごい持ち方!
あれ、ボート屋のおじさんに知らない人が魚持って写真撮られています。 私「あー、45出ちゃったんだー」残念ッ!
 
今度、N氏仕様の爆釣ワーム買ってこよっと。 
 
今日の釣果   私 2匹  N氏6匹   T先輩 約10匹   W氏 0匹
 
新利根、平日だったせいもありますがいい所でした。
 

  2005/06/10
 第14回 中野沼 → せきばん   天候 曇り時々晴れ
メンバー  O氏  KO氏  技瓠 
新利根以来、久々の地元での釣りです。何度かお誘いあったのですが、いろいろ忙しくてやっと行けました。
最近、中野沼で40センチクラスをKO氏、O氏があげているとの情報があり、ムズムズしていた所です。
まず中野沼、9時半頃到着(相変わらず出足が遅い)  O氏が既にいました。 釣れていないとの事。 KO氏はせきばんに行ってるとのこと。
沼(川?)の様子は昨年の秋と大分変わっています。水量が多く、いい具合に濁っています。雰囲気はいいです。
技HP情報の「魚がたくさん見えている」状況ではないです。   そして開始。 テンプト ピンク 3” スプリットショット
雰囲気抜群なんですが来ません。  O氏も来ません。  しばらく ひたキャスト。  ワーム変えても反応なし。たまに、かすかに魚影見えます。
30分ほど経ったら、O氏「来た!・・I氏が」  見ると技瓩遠くからキャストしながら歩いてきました。
そこへ、今度は、O氏 「U、 I、せきばん行くぞ!」   KO氏から電話があったようで せきばんで釣れたようです。詳細はお楽しみとの事。
3人で移動!
せきばん到着。 こちらも、昨年と様子が変わって、浅く流れがありません。 ここで釣れる? 
KO氏「コイが釣れたよ」  私「マジ?? コイ釣れるんだぁ」     とりあえず、私はバス狙いで開始。
コイの魚影が良く見えます。 反応ありません。
すると、  KO氏 「来たー、釣れたー!」  バシャバシャ、見ると30cm くらいの さんま、ではなく、ニゴイです。 私「すっげー、マジ釣れた」
            
KO氏のワーム見たら、1インチ?の小さいワームでした。 なるほど、これならコイの口にも合うのね。
私も、手持ち最小2.5インチで挑戦!  んっ、待て待て、今日はコイ釣りかー?  まいっか。釣れれば。
アタリはありません。
すると、今度は I 氏 「来た!」  バシャバシャ、またまた さんま、ではなく、ニゴイです。  
            
                 I 氏 ヒット!                                これがニゴイです
 
結局、この日は、   KO氏 ニゴイ 3匹    技瓠.縫乾ぁ。院”ぁ    〇筺。六瓠 。亜”
 

2005/06/13
 第15回   せきばん → 某美術館裏 → 中野沼   晴れ
メンバー  W氏 O氏  N毅彁瓠蔽? 新利根に行ったNI氏と別のNIさんです。区別する為 Wつけました)  
夜勤明け、まず せきばん。 先日と状況同じ。 水位浅く、コイの魚影、微小バスの魚影も見えます。開始しますが釣れる気配なし。すぐ移動。 O氏が前から目を付けていたという某美術館の裏。  んー、整備が良すぎてあまりいい感じではありません。
とりあえず、しばしキャスト。 無反応。  でも、もしかして・・・・・・やはり無反応、  でももしかしてー・・・・・・やはり無反応。移動。
そして中野沼。W氏帰宅。NIW氏合流。
              
微小バスの魚影が見えます。軽く10匹?  これかぁ。   なるほど見えるけど釣れません。
NIW氏、初挑戦? JSYで多々良沼用で推薦された、ラバージグ、スピナーベイトで挑戦しています。ここではちょっとヘビー過ぎかな?これからが楽しみです。
しばらくまたひたキャスト・・・・・・・・・んー、何か重い?? 来てる!?  近くに葦があって竿が振れず合わせられませんでした。巻き合わせしましたが逃げられました。アタリの重さから20cm程度?
結局これで終了。誰も釣れませんでした。
 
釣果  全員 0
 

2005/06/17
 第16回   中野沼   曇り
メンバー  O氏  技
夜勤前、メールでメンバーに「とりあえず行ってみます」と連絡。 返事来ませんが一人で中野沼へ。   やはり誰もいません。
思えば、さすがに1人は初めてで心細いです。とりあえず開始。
  
相変わらず、小さいのが上で数匹見えても反応全くなし。(でかいの来い〜!)っと心で叫びながらキャスト。.......だめです。
すると...来ました I 氏が! (メールの返事こそきませんが、みなさん反応してくれます)
I氏「釣れました?」  私「ダメだわ」       二人で、しばらくひたキャスト。       
私「来たーっ!」   I氏「来ましたか!」      私「O氏が来た。」  I氏「・・・」      夜勤前に良く3人集まりました。
今回は、用水路から、東の大きい沼にかけて移動しながら釣りました。雰囲気はいいんですけどねぇ。全く反応なし。
I氏はアタリあったようですが釣れません。   O氏は、時々ベイトでルアーを投げてます。  O氏はナマズをバラシた様です。
私は何の感触もありませんでした。......釣りに来れただけで良しとしますかー。......でも寂しい....
 
釣果 3人 0匹  昨年の様子から比べるとここ最近の不調は変です。     
 
私の見解 : 一般的(北浦、河口湖など)には、今頃が産卵後で、爆釣シーズン開始のようですが、この辺りでは、冬場を越せたごく少数の
        40cmクラス、そして今年産まれた20cm程度の小物しかいません。
        40cmクラスはめったに釣れない。15〜20cmクラスはまだルアーを食えないので釣れない。(ほかの理由かも)
        いま、うようよしている15〜20cmが25cmに成長すれば、釣れはじめるのでは? あと1,2ヶ月待ちかな。
   以上、自分の実力をたなにあげた、勝手な見解でした。
 

2005/07/05
 第17回   高須賀池   曇り時々晴れ
メンバー  W氏 O氏 KO氏 技
今回、W氏が地元埼玉で見つけて、割と良さそうだというこの「高須賀池」に今回挑戦です。
W氏「集合時間は、4時で。」....メンバー「早くない?」....変更、5時.......変更6時、と2回変更ありました。
梅雨時期で天気が心配されましたが回復傾向との予報でなんとか降らずに持ちそうです。
私の車で群馬チーム、O氏、KO氏、技瓠△隼笋6時過ぎに現地到着。  W氏、既に何投かして反応ありとの事。期待大です。
結構、整備された環境で障害物は少ないです。難しそう。
早速開始。ブラウンのテンプト3.2インチ..........プルッ、来た!..バラシました。   2回ほどこんな感じで同じバラシ  この池いけるかも?
10〜15センチ位の小バスが見えてます。もしかしてアレがつっついてる?
約30分後、最初に来たのはO氏、  20センチ?  明るい色のワームです。  
    
私も同様のワームに切り替えました。...............来ません。  他メンバーも釣れて無さそうです。
移動しながら、ワーム替えながら、ひたキャスト....だめです。....
次にきたのは、KO氏! 遠くからしか見えませんでしたがやはり20センチくらい? 気気鵑写真撮ってます。
.....そして、池北部に来たとき、10〜15センチ位の小バス、小ブルーギルの群れを発見。ワームに興味を示しますが食いません。
たまに、ワームのテールをかじってきます。そこで、小バス狙いで2インチミニチュアワーム!といきたかったのですが、準備してませんでした。
しかたなく手持ちの最小フックで、ワームをハサミでカットし、動き不自然ですがやってみました。....投げるたびに1,2匹追ってきますが、テールをかじってバラシ。....何度投げても同じ。今度は爬虫類系のワームにしました。今度は、1回投げると3,4匹追ってきます。大人気! でもダメ。
そこへ技疆仂譟状況説明。...技甞始......技瓠屬△団爐譴拭」  15センチ位のブルーギルです。   私「おーすごい」
I氏は、まさに2インチミニチュアワームを使ってます。  結局ここでブルーギル3匹釣って行ってしまいました。
KO氏も遠くで何匹か連れているようです。小さそうです。
   
んー、やっぱりミニチュアワームかぁ。何としても、手持ちのワームであのちっこいの釣ってやるぅ。 今度はフックの付け方を工夫しました。...ダメです。
やっぱワームもフックもデカすぎです。ワームもいろいろ替えてもダメです。ワームの加工もいろいろ試しました。しかし、ダメです。相変わらず投げるたびに2,3匹追ってきてテールかじってきます。
W氏と遭遇。2インチミニチュアワーム持ってないか大物狙いで、3インチ位のワーム投げてます。釣れてなさそう。
そして私....しばらく投げてバラシの繰り返し。
そろそろ終了予定時刻11:00です。O氏がブルーギル釣りあげた場面で合流しました。私「オレ0です。そろそろあがりますかぁ」 O氏あのあと、ブルーギルを何匹か釣ったようです。見ると黒のあのミニチュアワームです。  O氏「これやるからやってみな」でフックとミニチュアワームもらいました。
早速さっきの場所に行って試し。...2投目で来ました。ブルーギル。
    
とりあえず1匹。  終了時間です。 
技瓩發△里△函ブルーギルを結構釣っていたようです。
 
チョット残念でした。
 

2005/07/08
第18回   中野沼  晴れ
メンバー  KO氏 S氏(数年前にバス経験あり? トラウトを主に専門としていましたが、最近バスも復活させたようです。)
9時半頃から11時くらいまでやりましたが、ダメでした。  皆 0匹    晴れ天候はダメか〜?
 

2005/07/11
第19回   近藤沼  晴れ
メンバー  O氏 技瓠。裡彁瓠 。鳥瓠バス経験豊富。以前はかなりやっていたようです。最近は規模縮小する為道具を処分している?)
夜勤あけ。9時半頃から11時くらいまで、東沼でやりましたが、ダメでした。
30センチくらいのが見えてんのになぁ〜。    食わない   皆 0匹    晴れ天候はダメか〜?


 2005/09/02
第20回  柴山沼(埼玉県) 晴れ
メンバー  W氏 O氏 KO氏 技
今回は、W氏がピックアップした、白岡町の「柴山沼」に挑戦です。
その前に...私、釣りは、7月11以来で久々です。最近、何かと忙しくて全然行けませんでした。
その間、O氏、I氏から「せきばん」「近藤沼」でボチボチ釣れ始めたという情報をうらやましく聞いていました。そして今日ようやく行けました。
 
 
新調したKO氏の車で、6時に柴山沼駐車場に到着。 既にW氏が到着していて準備中。
早速5人で沼へ。整備が行き届いたきれいな沼です。障害物は目立ちませんが割りと雰囲気は良さそうです。へら釣りの数人が対岸に見えます。
           
いよいよ開始。10分もしないうちにKO氏が呼ぶ声!目を向けると奥のW氏釣れた様です! えっ、もう釣れたー?、今日は結構いける? とりあえずW氏の近くへ。  25〜30センチのバスです。
私「おー、でかいじゃん! さすがですねー」(この辺で釣れるのかぁ、よしよし。) 
W氏「ペンチないですかね?」ハリ飲まれたようで外しに苦戦してます。 私「ペンチはないですぅ、ごめん」 W氏かなり苦戦。
そこへI氏もかけつけました。 I氏「釣れたっすか。ペンチありますよ。」さすがIさん。万全。外し作業を気気鵑貿い擦道笋蓮△舛腓辰販イ譟▲錙璽爐鬟押璽蝓爾紡悗┐謄ャスト開始。......来ません。んー。....ありゃ、糸ふけ発生。グシュグシュ。
その間にIさんもW氏のハリ外しと撮影終了し、私より更に離れてキャスト開始。 .......
I氏 「つっ、釣れたー!!」  見ると、I氏のロッドが、かーなりしなってます!! でかっ、W氏と同サイズ25〜30センチ(寸法測るの忘れた)のバスです!  私、駆けつけて「すげー!いいじゃん!でかいじゃん!」 写真撮るよ。
     
うぉ〜いいなー。  次はオレの番だ〜っ!  キャストー!  .....  来たーーっ!  グイッ、ヒュイーン(合わせたら小魚が飛んできた)何だ何だ、ハヤか?   よく見ると、細身だが黄色がかった口がでかい魚、おー、一応バスだ! 手尺で計ると15センチ。何でオレはこんなちっちゃいのぉ〜。I氏にてカシャ。
         

この後、全く来ません。 早朝のあの時間だけかぁ。
全然来ないので、W氏からゆずってもらったベイトのタックルを試してみる事にしました。ベイトリールは生まれて初めてです。スピナーベイトつけてキャスト!
 ボチャッ....となるのが十分予想されたので、かーなり早めに指を開放、すると初めてにしては結構うまく飛んでいきました。バックラッシュも十分予想されてたので、早めに押さえてOK。(いろいろ話は聞いてますので)何回かキャスト。まあまあです。釣りにはなりませんが......
調子に乗ってるとやはり、ボチャ、やバックラッシュでグシュグシュ..とやってしまいます。なれるまで大変そうです。
しばらくキャスト(練習)し、そろそろ釣らないとと思いワームに戻しました。...来ません。
場所変更。真ん中の橋の下に来ました。小バスが見えます。  あーあ、釣れないなぁ..来た! グイッ、ヒュイーン。飛んできたー。また15センチの小バスです。一応2匹目。...周りも釣れてなさそうです。..
また移動。林の中の割と良さそうな場所に来ました。キャスト。来たー、ちっちゃいのバラシ。また来たー、ちっちゃいのバラシ。ん、この感じ、7/5の高須賀池と同じ感じです。...って事は...2インチワームにチェンジ! キャスト、すぐ来ました。15センチ ブルーギル。
          
続ければばギル爆釣ですが、ここで移動の連絡あり、芝山沼終了です。ほかのメンバーもあれから小バスをあげていたようです。ここは6時前がいいみたいです。(どこでもそう?)

7/5に行った高須賀池へ移動。
W氏は、用事あって帰宅。4人です。
時刻10時。9月とはいえ、予想最高気温33度でかなりの暑さです。やや気重でスタート
れいによって小バスが見えます。とりあえずキャスト..来ました!  小バスをバラしました。んっ、ここいける?(いままでは、この後、何度も期待はずれ。だまされんぞ) とりあえず4人バラけました。やはり、それから来ません。
KO氏が遠くで小バスを釣ってる姿が見えました。O氏の近くへ行き様子を伺いました。 私「どうですか?」 O氏「ギルだったら釣れるんだろうけど、バスはダメだねぇ..」 
私はあきらめずに再度奥へ移動。  キャスト.. キャスト.. 今日もダメかー、来ました。20センチちょっとの小ぶりバス。ようやくバスらしいのが釣れました。ちょっとちっちゃいけどバス釣れたー!  あれっ、誰も見えない。寂しー。  誰もいないので自分で撮影。
           
やっと一息。
この後ちょこっとやりましたが......11:00で皆に合流して終了。
この辺りは、こんなもんなんでしょうか?

 

  21 2005/09/11
 第21回  せきばん    晴れ
     メンバー  O氏 技瓠  。彁瓠 。裡彁瓠 。鳥瓠 
     ようやくせきばんの季節が来たようです。  KO氏  O氏 ⇒ ここ最近、「つれるぞ!」との事で、夜勤明けにみんなで行ってみました。
      ..とその前に。 今日は、日曜日で家で家族が待ってます。今日は衆議院選挙です!?。  で、私、30分だけって事で参戦しました。
 
まずは、私、技瓠O氏の3人で開始。 話には聞いてましたが、状況は、水が少なく、5,60センチの鯉の魚影、20センチ位のバスの魚影がはっきり見えます。こりゃ、釣堀状態?
か〜なり いい感じです。鯉釣りのおじさんが1人いました。(このあとちょっとありました。)
まずは、ピンクテンプトのワームで。
開始10分後、始めに来たのは、奥にいたO氏。20センチちょいですかネ。いつものように沈黙で上げてます。いいなぁ。
技瓠∋簍茲泙擦鵝.....魚いるのにな〜。     キャスト、   キャスト      反対側岸に移動........ ゲーリーにワーム変更
技瓩蓮■呂里い覬へ移動。      しばらくして、....  技當爐譴人佑任后  いいなぁ。魚いるのにな〜。
場所戻って、今度は小さいワームにしました。 そこへ、W氏、NW氏、D氏が来ました。  6人で開始。
私のすぐ目の前でD氏早速、ヒット! しかも割とでかい! 私「さすがですね。Dさん」  D氏「今年、1匹目です。ワハハハー」  でカシャ。
     
  ややあせりだした私。..来ません。......時間もあまり無い。....
と、今度は、W氏、ヒット!20センチ。  私「おー、すげー、もう釣れたん?」     けっこうあせる私。....またワーム変更。
この調子でW氏、30、40分くらいの間に3匹、 O氏も3匹、 技瓧寡ぁ ,劼─繊.レだけ釣れない。♪なんでだろう〜
そして、その時、鯉釣りのおじさんが、「でかいのかかっちゃったー」  みると、竿が「つ」の字をタテにした状態になってます。
アミが無くてあげられない様子。  おじさん「おーい! あんちゃん!」と連れの人を呼んでます。 でも遠くにいるらしく来ません。
しばらく、そんな状態。......見るに見かねて、私が手で鯉をあげてやる事にしました。...が、しかし、鯉の口のハリスに触れた瞬間に切れちゃいました。  おじさん「悪かったねー」 
そして、開始から、約1時間後、みんな、もう十分ってな雰囲気。
O氏「何匹釣ったん?」  私「ゼロです」  O氏「うそー」
結局、 NW氏も後で 0匹と聞きました。       私「お先に失礼します!」
 
せきばんで釣れるのは、あと1ケ月くらいとの事です。
      INDEXへ         へ戻る